映画好きのかなり可愛い女子大生と出会って

メッセージが来ていることに気づかず放置

サイトに登録してあるプロフィールを念入りに作り直したものの、全然メッセージが来ず、こちらから送っても返事が無い状況が続き暫く放置プレー。
ふとある時チェックするとメッセージが届いていた。
大学生の女の子で大学のために一人暮らしを始めたそうで退屈しているというような内容。

これはイケルやつ( `ー´)ノ

日付を確認してみると一週間も前のメッセージ( ;∀;)
これはもうダメかな、と思いダメ元で返事を送ってみると翌日に返事がキタ━━━━━(`・ω・´)━━━━━ !!

女性「もう返事こないと思ってた」
俺「ごめん、仕事が忙しくて全然チェックしてへんかった」
女性「ええよー、あたしもたまにしか見てへんから気づかへんかったし」

それから暫くメッセージのやり取りをするとどうやら自分のプロフにある好きな映画と住んでいる地域を見てメッセージをくれたそう。

こちら


自分は邦画ばかり見ていて彼女も同じような傾向の映画趣味であったため話が弾み自然と一緒に映画を見に行こうという流れになりました( `ー´)ノ

想像以上にカワイイ娘が現れた

週末に映画館近くのカフェに待ち合わせ、合流してそのままカフェで暫く話をすることに。
事前に写真を送るのが嫌だと言われ当日まで顔がわからずかなり心配でした。しかし来た娘はかなり可愛く自分のドストライクでした。



顔は上の下で剛力彩芽に似てる(決してブスではない)、ストレートのロング、スタイル細身、胸はCくらいか?

ジーパン(´・ω・`)やけど尻の形がイイ(・∀・)



俺「めっちゃモテそうやなー」
女性「そんなことないって、◯◯君もモテそうやん」

などと多愛もない話をしつつ自分に対する印象は悪くなさそうだな( `ー´)ノ、などと考え映画館に移動し映画を見ることに。

こちら


見た目はかわいいけど、話しててちょっとオタクっぽい感じかな?と思う。
映画も見た後は近くのパスタ屋で食事をしながら映画についての感想を言い合いました。

俺「ぶっちゃけ、どうやった?」
女性「ありえんくらいおもんなかった」
俺「やんな。あの展開はないわー」

映画が面白くなかったことが逆に良い方向に働き、会話が盛り上がりました。
話をしながら自分はこの後をどうしようか考えていました。まだ時間も早いのでなんとかもう少し繋げれば、思い飲みに誘うことにしました。

俺「まだ時間大丈夫やったらちょっと飲みにいかへん?近くに面白いバーあんねん」
女性「うーん、あと2時間くらいやったら大丈夫かな。

こちら


俺「けっこう酒強い?」
女性「強くはないけど、好き」

問題無く次の店に繋げることが出キタ━━━━━(`・ω・´)━━━━━ !!

バーの個室で一気に今夜勝負するかどうか悩んでいると・・・

店員が映画の登場人物のような格好をして接客してくれるバーに入ると彼女は大喜びでした。部屋も個室形式なのでゆっくり話も出来る環境でした。
店内での会話は弾みお互いにお酒がいい感じに入り恋愛トークなどにもなりました。

俺「◯◯ちゃんって彼氏いんの?」
女性「いたら、来てへんし」
俺「そらそーか。いつからいてへんの?」
女性「2か月前に別れた」
俺「ふったん?」
女性「なんでそう思うん?いつも言われんねん、あたしがふったんやろって」
俺「だってモテそうやしふられるとは思えへんもん」
女性「そんなことないし。実際ふられたし。」
俺「マジで?考えられへんわ。

こちら

俺めっちゃタイプやのに。」

この時自分はこのままこの日のうちに勝負するか、この日はおとなしく解散してじっくり攻めていくか悩んでいました。しかし彼女はこの直後にちょっと態度がおかしくなり、暫くすると

女性「さ、そろそろ帰ろうかな。今日は有難う面白かった」
俺「え?もう帰るん?まだ一時間ちょっとしか経ってないけど」
女性「うん、やっぱ明日早いしもう帰る」

自分がタイプであることを伝えたことで口説かれる流れを察したのかもしれません。彼女の意思は固そうで無理に引き止めても仕方ないので店を出て連絡先を交換しようというと

女性「また遊びたい時はサイトで連絡するわ」

と言われ、ああこれはもうダメだな。と感じ諦めました。少し焦ったといえば焦ったのですがあの段階でタイプと伝えただけで拒絶されたのでは残念ながら目は無かったようです。かなり可愛かっただけに仕方ないか、という思いもあれば勿体なかった、という思いも大きかったです。


PCMAX
一番使っているサイト。

ワクワクメール
二番目に使っているサイト。

YYC
使ってないけど有名。

イククル
使ってないけど有名。


<<前のページへ   次のページへ>>