ちょっとツン、とした感じの女の子

とにかく会うことに繋げたかったので住んでいる地域が近い娘から複数人選んでメッセージを送りました。
結果は様々で返ってこないことが多く、その中でも返ってきても数回やり取りをして終わってしまうということも少なくありませんでした。
その中で一人変わった娘がいました。最初の返事のあとからやたらと質問が多く、自分の容姿以外にも出身校などまで聞いてきました。
逆に彼女のプロフィールは得られる情報が少なく年齢が二十代ということ以外はほとんどわかりませんでした。
ひと通り質問に答え終えると今度は顔写真を交換しようということに言ってきました。
正直この時点であまり印象は良く無かったのですが顔だけでも見てみようととりあえず交換してみました。
・・・可愛い。めちゃ可愛いというほどではありませんが綺麗系の見た目で自分好みでした。
俺「めっちゃ綺麗やん。モテそう」
女性「モテへんよ。◯◯君はどうなん」
俺「モテへんなあ。ずっと彼女もおらんし」
女性「どれくらいおらんの?」
といった所からお互いの恋愛歴を語り、恋愛観や異性に望むことなど恋愛トークのやり取りが数日続きました。
ちょっと早いかな、と思ったのですが
俺「今度飯でも食いながら続き喋らへん?」
と誘って見ると、
女性「いいよ。うちも会ってみたいし」
と思ったよりあっさり会うことになりました。

こちら



彼女はお酒を飲まないということで食事だけの予定だったため車で迎えに行きました。
繁華街のデパート前で車を停めて彼女を待っていると時間の5分前に到着。
現れた彼女はタイトなTシャツにロールアップしたデニムにピンクのヒールといった感じで胸はちょっと無さそうでしたが、慎重が高めで細身のスタイルの良さが際立っていました。髪は肩くらいまででちょっと明るい茶色、目がパチッとしていて写真で見た通り可愛かったです。
女性「お待たせ、◯◯くんやんな?」
俺「いや全然待ってないで、ほなとりあえず行こっか」
彼女がイタリアンを希望したため地元で有名なイタリアンレストランへ。

店に入り料理を注文し彼女の事を色々聞いてみました。結局会うまで殆どプロフィールを知ることが出来なかったのです。
彼女は女子大に通っていて歳は21歳。大学と同時に一人暮らしをはじめたようで女子大なので出会いがない、という事でした。ただ、女子大はコンパも多いと良く聞くので聞いてみると合コンの類は苦手なので行きたくないのだそうです。それでよく今日会ってくれたな、と思いましたw
そして最初の質問攻めのことも聞いてみましたw
俺「最初、めっちゃ色々聞いてきたよな。

こちら

出身校とかまで」
女性「うん、あれ?もしかして嫌やった?」
俺「いや、全然ええねんけど。何でそんなん聞くんかなって思っとった」
女性「もしかして知り合いやったら嫌やと思てん。恥ずかしいし。」
俺「ああー、なるほど。確かに知ってるやつやったら気まずいな」
だとしてももうちょっと確かめ方あるだろ、とは思ってましたw
暫く話してみた彼女の印象はメッセージでやり取りしていた時の感じがそのまま出ていて、ちょっと愛想がない感じで悪くいえばキツそうな感じでした。あまり笑わず、え?何かキレてる?と思ってしまいかねないうような雰囲気をしていました。しかし話していくうちにどうやら別に不機嫌な訳でなく、ちょっとシャイな性格な女の子だということがわかってきました。
俺「最初の方、ちょっと怒ってるんかと思ったわw」
女性「あー・・、あたしそれ結構言われる。何でやろ、別に全然そんな気ないのに。」
俺「ちょっとクールな感じの雰囲気あるしそれでかもな。声もちょっとハスキーな感じやし。」
女性「誤解されること多いし治したいんやけどな。人見知りやし緊張してるだけなんやけど」
確かに誤解されることが多いだろうなーという感じでした。中々美人ですが男が寄りつかなそうなそんなオーラがありました。
俺「俺以外にもこうやってサイトで会ったことある?」
女性「あるよ。

こちら

1回だけやけど。」
俺「へー、どやったん?」
女性「エッチ目的っぽかったからすぐ帰った」
俺「あー、やっぱ結構おんねやそういう奴」
女性「付き合う前にやるとか絶対あり得へんし」
まあちょっと話した瞬間からそっち関連は無理だろうとは思ってましたが、軽はずみなボディタッチ等もやめておいたほうがいい感じがヒシヒシと伝わってきましたw

店を出て車に乗り、色々話ながら適当にドライブしました。それから暫くして彼女を送る前に車を停めて缶ジュースを飲みながら車の中で休憩していました。
俺「どれくらい彼氏おらん言うてたっけ?」
女性「2年ちょい。」
俺「結構長いな、理想高いとか?」
女性「別にそんなことないと思うけど。」
俺「告られても結構ふってるんちゃうん」
女性「ていうか殆ど告られた事ないし。」
俺「じゃあ、結構◯◯ちゃんに気があっても諦めていってる男多いかもな」
女性「そんな事ないと思うけど。」
俺「だってどう考えても可愛いしモテるはずやし。自分からいいなーて思う男に告ったらすぐ彼氏出来そうやけど」
女性「絶対でけへんし、自分から行くんは嫌や。」
容姿や雰囲気からは想像しにくいがどうやら恋愛には自信がないタイプの感じがしました。

こちら


彼女は助手席に座っていたのですが、隣で話していてもこちらに目を合わせようとせず基本下を向いているような感じで、最初ツンとした感じに見えた彼女の性格がわかってくると逆に不器用な感じで可愛らしく見えてきました。
俺「俺とか今日話してみてどうやった?」
女性「話しやすいし、楽しかった」
俺「良かった。じゃあ例えば俺と付き合うとかどーなん?」
女性「え?・・・・そんなん急に言われても無理やし」
即座に拒否されましたが、嫌という感じは伝わってきません。
俺「フラれたかー、残念」
女性「フッたとか違くて、まだ会ったばっかりやん」
俺「付き合うん結構慎重なタイプ?」
女性「慎重っていうか、だって適当に付き合ってもすぐ別れることになったら意味ないやん」
俺「おれは試しに付き合ってみて合わなかったら別れるくらいでいいと思うけどな。付き合ってみなわからんことの方が多いやん」
女性「まあ、それはそうやけど・・」
俺「いや、アレやで?別に無理強いする気は勿論ないから嫌やったら嫌でええねんけどな。」
女性「嫌じゃない。」
俺「じゃあいいやん。俺はめっちゃ付き合ってほしい」
女性「・・・・わかった。・・・・ええよ」
押し切れましたw
彼女を自宅近くまで送り、また連絡するわと言うとその日一番の笑顔で「うんw」と笑ってくれました。


PCMAX
一番使っているサイト。

ワクワクメール
二番目に使っているサイト。

YYC
使ってないけど有名。

イククル
使ってないけど有名。


<<前のページへ   次のページへ>>